2013年11月10日日曜日

2013/11/07 本物の野沢菜漬けを食べた事はありますか


今お店で売っている野沢菜漬けは

化学調味料の液に野沢菜を入れて2,3日で出来てしまいます。

昔ながらの野沢菜漬けは、つけてから一カ月半ほどかかります。

もしかしたら、化学調味料でつけた野沢菜漬けの方がおいしいと感じる方も多いかもしれないです。

ただそれは、今の化学調味料の味に慣れてしまっている為です。


長野では、昔から勤労感謝の日にどこの家庭も野沢菜漬けをしていました。

なぜ野沢菜漬けの習慣がなくなってしまったのかと言うと

一つは、重労働な事。

野沢菜を収穫し、4工程の洗いをして漬けていく

一家庭で200キロから300キロは漬けていたと言うから大変だ。

漬物石も、昔はなく川から石を選んできていたと言うから驚きだ。

しかも、男性がしていたのではなく、

女性がやっていたから本当に昔の人はすごい。


60年間も野沢菜漬けをしている研先生は本当に

真剣に伝えようと

してくれている。


本物を教えてくれている。


私達も

真剣に向き合い次に伝える

様に一挙手一踏足集中してやってきたいと思います。


担当平岡